会長の挨拶

                                                                            沖縄県理学療法士連盟のホームページをご覧いただきありがとうございます。                 

平成27年に沖縄県理学療法士連盟が設立され、初代会長として活躍された玉城義彦前会長から令和2年3月に連盟会長を引き継ぎ、拝命した池城正浩です。

沖縄県理学療法士連盟は、日本理学療法士連盟と協力して、公益社団法人沖縄県理学療法士協会と公益社団法人日本理学療法士協会の目的達成に必要な政策・政治活動を行い、併せて国民・県民の健康と福祉の向上に寄与することを目的に活動しております。お陰をもちまして、平成28年7月の第24回参議院議員通常選挙においては、日本理学療法士協会の組織代表小川かつみ氏を支援し、参議院議員誕生の一助となることができました。これも偏に、会員の方々をはじめとする皆様のお力添えあってのことであり、深く感謝申し上げます。

理学療法士が国民の期待に添え、社会保障制度の充実や地域包括ケアシステムの構築に向けた施策を国政の場へ提示することは重要だと思います。それを具現化するためには、国政(国会・厚生労働省)との架け橋となる国会議員の存在が極めて重要です。そのため本連盟は、理学療法士組織代表議員の擁立、さらに理学療法士の想いを支援いただける議員との連携を図るべく活動していきます。

新たな役員の下、組織体制強化(女性局・青年局・各支部)と連盟活動をより拡大するために、会員数の増加を図り、理学療法士の発展のため活動を取り組んでいく所存でおります。今後とも、何卒ご支援いただきますようお願い申し上げます。

沖縄県理学療法士連盟会長
池城 正浩