H30年度 連盟研修会 H30.6.10

平成30年6月10日に伊勢志摩リハビリテーション専門学校にて、日本理学療法士協会主催 三重県理学療法士講習会(応用編)として、「運動の成り立ちとはなにか〜統合的運動生成概念とそのメカニズム〜」が開催されました。
<テーマ> :「運動の成り立ちとはなにか~統合的運動生成概念とそのメカニズム~」
<内 容> :本研修会では、生体力学・神経科学・発達学・運動器連結を含む構造・ヒトの左右特異性・感覚入力位置特異性・非線型力学などの学問から統合的に人の運動を解釈し、自己組織化理論を組み入れた「統合的運動生成概念」を示し、そのメカニズムにせまる。
<講 師> :山岸 茂則 先生(株式会社 Physical Wave Resonance)
       舟波 真一先生(BiNI COMPLEX JAPAN代表)

当連盟は三重県理学療法士会より運営委託を受けて本研修会に関わらせて頂きました。
当日は三重県だけでなく、県外からも多くの参加者の方が参加され理学療法に関する知識・技術の研鑽に努められていました。