委員長の挨拶

岩手県理学療法士連盟は平成12年に当時の佐藤浩哉委員長を筆頭とした有志により,本邦における理学療法士関係では初めての政治団体として設立されました.本連盟活動の目的は岩手県内における理学療法士を取り巻く環境の保全と改善,関係医療団体との関係における政治活動への協調であり,本県における理学療法士の活動が活発になること,ひいては活発化された活動による県民皆様への貢献を目指しています.現在は新型コロナウイルス感染拡大下にあり,多くの皆様の健康が脅かされている情況にあります.県民の皆様が健康に生活するためには,これを支える理学療法士の活動が必要不可欠であり,そのためには理学療法士を取り巻く環境の安定が必要となります.
私たち岩手県理学療法士連盟は関係各位との協力のもと,理学療法士が働きやすい環境構築をめざし活動を続けて参ります.

令和4年7月

岩手県理学療法士連盟
委員長 及川龍彦