徒手理学療法における クリニカルリーズニング(愛媛県理学療法士連盟主催)

本研修会は、令和4年6月21日(火)に終了いたしました。

82名の方が参加されました。ありがとうございました。

質疑応答については、こちらからお願いします。

✻愛媛県理学療法士連盟への入会がまだの方は こちらから申し込みをお願いします。

臨床で必ず役立つ臨床推論

日時:6月21日(火)19:30~21:00(1.5㌽)

徒手理学療法におけるクリニカルリーズニング

講師:三津整形外科 近藤正太先生

ポイント:県士会承認・web研修  カリキュラムコード:43臨床推論

参加費:愛媛県理学療法士連盟会員無料参加には、愛媛県理学療法士連盟への入会が必要です。

内容紹介

徒手理学療法におけるクリニカルリーズニング

痛みを感じたとき,私たちは何が起こったのか?なぜ痛いのか?なんの病気なのだろう?など,自分なりに痛みの原因を探ろうとするのではないでしょうか.

臨床経験を積んだ理学療法士は,患者の話を聞く過程の中で過去の経験に照らし直感的に思考し症状の原因を解釈する.しかしそれは豊富な臨床経験の中で培われた知識によって,多くの原因を選び出す過程が自動化されていることで可能となります.

そのためにはどのような情報を集めなければならないのか,知識として持っている病態および機能解剖学などから原因を絞り込みます.そして,得られた解釈が正しいか否か,検証するために検査の優先順位を決め進めていくことになります.この一連のプロセスが臨床推論であり,根拠を持って考えることが重要であると思われます.

患者が語る症状,身体が現す徴候の源は何か,我々理学療法士の役割はそれを明らかにし,その問題を解決することである.皆様と共に考察していきましょう.

お問い合わせ先:愛媛県理学療法士連盟 女性局 立花紀子

E-mail :yamapy15@live.jp

研修会の申込は、こちらからお願いします。

✻愛媛県理学療法士連盟への入会がまだの方は こちらから申し込みをお願いします。