日本理学療法士連盟とは

会長 田中昌史

日本理学療法士連盟は理学療法士協会と密接に連携・協働を図り理学療法士協会の提言する政策を実現するために政治活動を展開してます。国民と理学療法士の声を国政に届ける理学療法士国会議員の擁立や国政・地方議会、行政の場に働きかけ理学療法士が専門性を発揮しうる法律や制度の整備し、理学療法士の職域の拡大と地位の向上を図るとともに、その発展および普及に努め、国民の健康と生活を守ります。

  

日本理学療法士連盟の活動方針

  1. 理学療法士の組織代表議員を国政に送るため の活動を行います。
  2. 日本理学療法士協会の掲げる政策を実現する ための政治活動を推進します。
  3. これらをもってして、理学療法士をはじめと するリハビリテーション専門職の職域の拡大と地位の向上を図るとともに、その発展および普及に努め、国民の健康と生活を守ります。

沿革

日本理学療法士協会は社会の高度化・複雑化に対して質の高い理学療法を提供することを目的として、昭和41年(1966年)に設立されました。また、理学療法制度の実現には、国政の場での発言と支持が必須であり、多くの専門家、団体、職能団体が行っている、表裏一体の別団体である連盟の設立が必要であるため、平成16年(2004年)日本理学療法士連盟が創立されました。

  • 昭和41年(1966年)  日本理学療法士会設立
  • 昭和47年(1972年)  社団法人として認可される
  • 平成16年(2004年)  日本理学療法士連盟届出

 

日本理学療法士連盟ロゴマーク

このロゴマークはPhysical therapist(理学療法士)の頭文字である「P」と「T」を視覚的に盛り込み、対称的に配置することで二人の人物を表現し、理学療法に関わるみなさまと寄り添いながらいっしょに考え、より良い社会にしていきたいという理念と「日本理学療法士連盟」と「日本理学療法士協会」の二団体が、その理念のもとに両輪で活動していくことによって、国民のみなさまが安心して健康で過ごせる社会を創造していこうという私達の理念を表現しています。