Q1:連盟と協会は何が違うの?

Q:理学療法士連盟とは何をする団体ですか? 理学療法士協会と何が違いますか?

 

A:日本理学療法士協会は、理学療法(士)による社会貢献を行う公益団体という面と、理学療法の探究と教育を行う学術団体という面、そして、理学療法士の利益を守るための社会的活動を行う利益団体という面があります。

利益団体としての社会的活動については、理学療法士の専門性の認知のための啓蒙活動や、適正な評価や職域を得るための政治活動などがあります。

これらの活動は、「言うのは簡単ですが、聞いてもらうのは難しい」というのが実情です。

厚生労働省や他団体に対し渉外活動を行うためには、協力してくださる国会議員がいなければ、話にもなりません。

国会議員の協力を得るためには、その国会議員(候補者)を選挙で当選させるための選挙活動をすることが求められますが、日本理学療法士協会は公益社団法人であるため選挙活動ができません。

そこで、選挙活動を行うための団体として理学療法士連盟があります。

つまり、理学療法士連盟とは、日本理学療法士協会が行う政治活動に必要な国会議員の協力を得るための選挙活動を行う団体であります。

このように、協会と連盟が二人三脚で活動するのは理学療法士だけでなく、どの団体も同様です。

実情として連携を取っていても、組織が別団体であるため、みなさまにおかれましては協会と連盟の両方で入会手続きを行っていただく必要がございます。

何卒、ご理解の上入会手続きをしていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

大阪府理学療法士連盟への入会手続きはコチラ

よくあるご質問トップ

ホームページ トップ