第71回自民党岩手県連定期大会に参加

平成30年4月14日、盛岡市内において「第71回自由民主党岩手県支部連合会定期大会」が開催され、当連盟より佐藤益文委員長、藤尾哲也副委員長が出席いたしました。また、定期大会に先立ち開催されました「自由民主党岩手県支部連合会総務会」には佐藤益文委員長が出席いたしました。

平成30年重点政策の一つとして「将来と今の安心につながる社会保障政策の充実」が挙げられ、県内各地において在宅医療・介護を促進する地域包括ケアシステム構築の推進を重点に、如何に医療・介護体制を整備するかが課題とされました。医療については予防・健康管理の着実な実施や地域における健康増進の取り組み、被災地でのきめ細やかなコミュニケーション推進を通じ、健康長寿社会の進化に取り組んでいく姿勢が示されました。

定期大会にて挨拶される鈴木俊一東京五輪・パラリンピック担当大臣