ご報告

2018年2月12日、盛岡グランドホテルにて開催されました自由民主党岩手県支部連合会主催「政経懇談会」に参加いたしました。

ご来賓、塩崎恭久前厚生労働大臣は挨拶の中で「健康寿命を延ばすためには、医療・介護場面においてAI利用による情報共有を進め予防活動等に取り組む必要がある」と述べられました。また吉野正芳復興大臣より被災3県の状況と今後の取り組みについてご挨拶がありました。

懇談では、高橋ひなこ衆議院議員より「リハビリテーションを考える議員連盟」総会後、早速、復興庁に「訪問リハビリテーション事業所」について要望してきたこと、同事業については利用者の立場から考え厚生労働省にも確認していくという力強いお話もうかがえました。

塩崎恭久 前厚生労働大臣

吉野正芳 復興大臣