会長の挨拶

 

岐阜県理学療法士連盟 会長
原  司

岐阜県理学療法士連盟会長の原でございます。
日頃より理学療法士連盟の活動にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。

 

当連盟は公益社団法人岐阜県理学療法士会が目指す県民の健康・福祉の向上に寄与するため、政治団体として積極的に県政に働きかける重要な役割を担っております。また日本理学療法士連盟とともに国政に向けて組織内代表である国会議員を送り出す活動も重要となって参ります。皆様のご協力もあって現在、山口和之参議院議員と小川克巳参議院のお二人の国会議員を誕生させることができました。

臨床現場において、患者さん利用者さんたちと関わる中、学術で知識・技術をいくら研鑽しても多くの制度の壁にぶつかることがございます。私は政治活動に関わるまで、我々理学療法士にできることは多くあるはずと思う一方で決まった制度に従うことしか考えることができませんでした。重要な役割があってもただ待っているだけでは何も変わらない、きちんとしかるべき場所において発言することから始まるのだと、組織代表が国会議員になることで初めて知ることができました。

少子高齢社会がすすみ社会が変化する中、理学療法士の果たすべき役割は多くあります。その役割を実現するため、今後さらに組織を強化し理学療法士に何ができるかしっかり発信して参りたいと存じますので、引き続き皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。