本理学療法士連盟の設立について
今日、理学療法は広く認知されつつありますが、理学療法士の社会貢献は十分とは言えません。その育成は4年制大学、大学院教育と充実してきましたが、様々な障壁により、理学療法士が実力を発揮できる職域は決して広くありません。高齢者をはじめ。様々なハンディキャップを持たれている方々の豊かな生活を実現するために、理学療法士のサービスを提供できる体制を実現することが急務だと考えています。
そこで、私たちは平成15年2月に日本理学療法士連盟を設立し、平成16年5月に政治団体として届け出を致しました。
日本理学療法士連盟の活動について
理学療法士連盟ができても、理学療法士協会の政策提言活動の必要性がなくなるわけではありません。理学療法に関する政策提言活動は、従来どおり政府や自治体への要望書として提言されます。これとは別に国政の場での政策実現をめざして、理学療法士連盟は代表を送る活動を行うわけです。

 

日本理学療法士連盟ニュースレター

連盟の活動をより知っていただくために連盟ニュースを創刊いたしました。

こちらを読んでいただくことで連盟活動についてより理解を深めていただければ幸いです。

・日本理学療法士連盟ニュースVOL.1(NEW)